読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の文化大革命 破壊された信頼関係、善

文化大革命で農村へ

 

YUANさんは14歳、中学2年生で初めて農村へ下放されました

最初は3か月、そしてまた3か月

さらに農村での労働はこれにとどまらず、結局大学を卒業するまで最低でも年に1度、短期間から数か月の長いものまで、何度もあったといいます

 

YUAN  とにかく、ひもじくて、毎日トウモロコシの蒸しパンしかなくて

それで最初はみんな委縮していたんですが、だんだんと大胆になっていきました

農家が飼っているニワトリやニワトリの卵を盗み、村の公営売店でキャンディに交換するんです

農村に下放された青年はみな都市部で育っていますから、生活は苦しかったとはいえ、農村よりは贅沢に慣れていました。売店にあるお菓子が食べたくて、食べたくて、それで夜中にこっそりと卵を盗みました

 

当時は、生産した作物は決められた量を国に納めなければなりませんでした

豊作の年は余りが出ましたが、凶作のときは国庫へ納めると村では食料が足りなくなりました

 

YUAN それで、お年寄りは食い扶持をもらいに近くの大きな町へ「乞食」に行くんです

夜中にこっそり村を抜け出していく

しかしだいたい見つかってしまい、集会で自己批判させられます、何度も見ました

食べるものがないからどうしようもないんです

 

文革は人と人の信頼関係を徹底的に破壊しました

YUANさんの小学校のクラスメイト37人のうち、1966年だけで3人の父親が自殺したといいます。しかし、自殺したことそのものを隠している家族も多かったので、実際何人が命を絶ったのか、今もわかりません

 

YUAN あれだけ暴れまわった紅衛兵たちも、いざ農村へ下放されるとなると泣いて嫌がりました。汽車で出発する友達のお兄さんの見送りに一緒にいきましたが汽車が動き出すと、うわーーーん、という泣き声があがります

そして下放された人たちのなかで、農村の人と結婚した人は永遠に都会には戻ってこられませんでした。今もです

 

特段の理由がなくても、戻るためには所属の生産隊長の許可が必要だったため、賄賂、時には女性に性的な要求がなされることもあったといいます

 

YUAN ある時、友達の家に遊びにいったら、お姉さんが大きなお腹を抱えて出てきました。農村から戻ってきたのだそうですが、お姉さんは未婚です

友達の親は恥ずかしがってお姉さんを一切外に出しませんでした

そして生まれた子供は、そのままでは戸籍がないので多額の賄賂を戸籍係に贈らなければなりませんでした

 

信頼関係の破壊は、社会人だけにとどまりませんでした

 

YUAN 学校でも密告が奨励されていました

農村から戻ってきて、一応文革が終ったとされる1978年になっても、まだ昔の先生は学校のトイレ掃除をやらされていました

教壇に立っていたのは、元建設労働者で文字がほとんど読めない男です。授業中には、長い棒をもって、毛沢東語録をみなで大声で読み上げるのですが、読み方が悪いとその棒で学生を叩くのです

大学へ進学してからも、先生が民主主義や自由という言葉を言おうものなら、学生はすぐに密告することが広く横行していました

 

いわゆる「知識人」が元の職場に復帰し始めたのは、80年代、胡耀邦氏が指導者になってからでした

 

YUAN 文革が始まった1966年から、一応終ったと感じた1978年までの12年間は、人間不信、善がない社会でした

私たちの世代は両極端なんです

うまくいって幹部まで出世した人間と、経済発展や社会の変化に取り残されたままの人間と

青春時代に何も勉強していませんから、80年代以降の経済発展では真っ先にリストラされました。私の故郷のクラスメイトは6割が失業者です。しかも10年15年とずっと失業しています

教育の空白があって経済発展についていけなかったのです

 

さらに、幸運にも幹部になった人間にも問題が起きていました

損をした青春を取り戻したい、そんな思いでワイロ、横領が後をたたないのです

腐敗の根はとても深く、一掃することは非常に難しい理由が、ここにもありました

 

YUAN 私たちの子供たち世代にも問題が起きています

私たち自身がきちんとした教育を受けられなかったので、子供たちへのしつけや家庭教育がうまくいかないのです

親たちは生活が苦しくて、しつけを気にするゆとりもありません

 

YUANさんは大学卒業後、奨学金を得て海外留学することができました

そこで知り合った外国人と結婚、中国国籍を捨てる決意をします

その後、離婚を経験して一度は沿岸部の大都市へ戻りますが、数年たたずして、香港への移住を決めました

 

YUAN やはり大陸にいては何があるかわからない。ある日突然、また紅衛兵のような人たちがきて、全てを取られてしまうかもしれない

とても怖いです

幸い、不動産ブームで中国本土に持っていたマンションが値上がりしたのでそれを売り、香港に小さい家を買うことができました

 

 

それでも、今、大陸の影響が色濃くなりつつある香港に不安を感じることがあるといいます